FC2ブログ

走り始めた理由(ワケ)  ~八重山毎日駅伝競走大会~  その1

今日は 暑かった。

なんと最高気温 29℃!

明日も暑くなりそうだ・・・

って、もう12月になるぞ。さすが、石垣島・・・なめたらいかん。




◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆




2009年 もそろそろ暮れようとしていた12月のある夜。

家のチャイムが鳴った・・・



「こんばんは~公民館役員の者ですがちょっといいですか・・・?」

ルパン 「はい、今出ます・・・」


以下


公 「突然ですが、今度駅伝大会があるんですが出てもらえませんかねぇ・・・?」

ル 「はぁ?走るんですか?」

公 「はい駅伝ですから・・・」

ル 「他に走る人いないんですか・・・?」

公 「はい・・・我が村は伝統芸能の村でして三線や民謡を得意としてる人は多いんですが、スポーツをする人があまりいないんですよ」

ル 「いや~自分もほとんど走った事なんかないしねぇ・・・」

公 「いや~そこを何とか・・・お願いできないですかねぇ・・・」

ル 「ホントに走る人いないんですか・・・?」

公 「だからこうやって、一軒一軒回ってるんですよぉ・・・」

ル 「きっといますよ。ホントにいなかったらまた話聞きますよ。」



(まさか、いないはずはない。一人くらいいるよ・・・)



翌日、ヤツらはやって来た。



公 「こんばんは~公民館の者です。」

ル 「早!いなっかったんですか?」

公 「はい、それでお願いに来ました。」

ル 「取り敢えず話は聞きましょう。」

公 「まず、この駅伝、島を一周します。約80Kmを走ります。」

ル 「ほうほう・・・」(島一周するんかよ!)

公 「16区間あります。」

ル 「ほうほう・・・」

公 「参加チームは、我が村を含め19チームあります。八重山郡の各字から参加します。」

ル 「ほうほう・・・」(離島からも参加すんだ!)

公 「16区間は、中学生の男子・女子、高校生の男子・女子、30代、40代、50代、一般の男子・女子に分かれてます」

ル 「ほうほう・・・」(老若男女ってやつか?)

公 「・・・」

ル 「で、走るとすればどの区間を走れば・・・」

公 「ルパンさんはお幾つで?」

ル 「46ですけど」(2009年当時)

公 「でしたら、40代の区間を是非!」

ル 「距離はいかほど?」

公 「3.7Kmです。」(おっ、そんなもんか。しかも、周りはオッサンばかり)

ル 「いや~でもホントほとんど走った事ないし、足遅いし・・・チームの迷惑になりますよ。」(ともったいぶる)

公 「いいんですいいんです、次の人にタスキさえ渡してくれれば。チームは毎年最下位争いですからね。あっはっは・・・」

ル 「じゃあ、出てみますか・・・」

公 「よろしくお願いします。」



これが地獄の始まりだと気づかぬ 2009年青春の冬 だった・・・


fc2blog_201711282312574f6.jpg



つづく・・・
スポンサーサイト
コメント

No title

新しい展開ですね!
もしかして 走りだすまでが 長いパターンかな (笑)
期待してま~す。

しかし まさかの29度とは (@_@)

fukkiさんへ

走るきっかけとなった昔話をダラダラと聞いてください(笑)

今日も28℃超えました(笑)

おおお

面白いネタですなぁ~♪
まあオレには参考にならないけどねんw

ぶちょーさんへ

これはネタではなく実話です。
2009年のまだ若かりし頃の話です・・・(笑)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する