【レポ】 「2018別府大分マラソン」 その4  強風地獄

別大に参加するにあたって、気になっている事があった。

補給食 の問題だ。

フルマラソンを走るときはいつも手ぶらだ。

給水所の水とエイドのバナナがあればそれで充分。

だいたい、石垣島にはマグオンもなければメイタンなんて物など売ってはいない(笑)

別大にエイドはあるのだろうか・・・

超絶しろーとのオレはmotoさんにLINEで聞いてみた。



「そんなの、あるわけねーじゃん!別大なめんなよ!」

とは言わなかったが、「なかったはず、期待しない方がいい・・・」

とのことだった。



そらそうだ。

考えてもみたら、別大のTV中継でエイドでバナナ食ってる姿なんか見たことねー(笑)

オレが走ろうとしている大会は

別府大分毎日マラソン大会

なんだ。

やっぱ、場違いなんだろうか・・・?




◇◆◇◆◇◆◇◆◇




ポクポクとアップを終え、ガラガラのトイレで小を済ませ待機バスに戻った。

サトさん、あやたさん、たまさん、やまけんさん達はそろそろ荷物を預けに行くという。

慌てて、昨日ビーコンプラザでもらったバナナを1本胃袋に詰め込んだ。

みんなもう預けに行ったと思っていたら、バスの外で待っていてくれた。

バカなオレ・・・

荷物を預かってくれる自衛隊のトラックがずらりと並んでいる。

ゼッケンナンバー順にキレイに並んでいて気持ちいい。

隊員に荷物を渡すと別の隊員がナンバーをチェックする。

頭が下がる。

そのままの流れで、プレラインアップ地点に集合。

無駄がない。

プレラインアップの地点にはナンバーの書かれたプラカードを持った人達がずらりと整列して並んでいる。

見事だ。

スタート数分前。

程なくして、「全体前へ進め~」と言わんばかりに、一斉にスタート地点まで軽いJOG(笑)

目の前にオレと同じ「激沈レッド」の青年がいたので声をかけた。

「ブロガーさんですか?」

「いいえ、ただのキミ兄のファンです」

キミ兄恐るべし!

ここにきて、全然場違いな感じがしなくなった。

いよいよだ・・・

ガーミンをセットする・・・

「ビニール袋やカッパを着ている方は近くの係り員にお預けください・・・」

みたいなアナウンスが流れる。

誰が脱ぐかい!寒くて死んじまう!

オマケにネックウォーマーもしてるぞ(笑)

「バンッ!」 だったか 「ドンッ!」 だったか。

とにかく、遠くの方で音がした。

3年前から夢見た「別大」

いよいよスタートだ!



スポンサーサイト

【レポ】 「2018別府大分マラソン」 その3  やっぱ寒い地獄

昨日は全国各地で名の知れた大会が行われた模様。

「京都マラソン」に「高知龍馬マラソン」「泉州国際マラソン」に「おきなわマラソン」etc・・・

いづれも、一度は参加してみたい大会だ。

ちが~う!

おきなわマラソン は一年前に走った・・・!

もう、二度と走りたくない大会だ~~~(笑)

公認コースで初めて3.5を達成して、別大の参加記録をゲットした大会だが、もう二度と走りたくな~~~い!

と思うくらい、キツいコースだった・・・




◇◆◇◆◇◆◇◆◇





別大マラソン当日の朝。

ゆっくりと目覚め、窓の外を見ると・・・

雪!雪が降ってる・・・唖然・・・

一瞬、頭がパニックに・・・

次になぜか笑いが込み上げてきた・・・

隣の部屋で寝ているみーさんに電話した。
(シングルルーム2部屋をリザーブ、理由はみーさんのいびきが・・・)

ル 「みーさん、雪降ってるよ・・・」

み 「ウソ、気のせいだって・・・」

ル 「窓の外見た?」

み 「見てないけど、降ってるわけないやろ!」

ル 「気のせいかなぁ・・・降ってるように見えるけど・・・」

み 「天気予報でも降らないって言ってたし・・・

  うわっ!降ってる!わたし応援どうしよっ!!!」



わたしかいっ!!!




完全に開き直った(笑)

雪が綺麗だった・・・

窓の外の手すりにうっすらと積もっていた・・・




スタートまで、4時間ほどある。

朝ごはんに、昨日コンビニで買っておいたおにぎりを3個食べた。

「こんぶ」に「高菜」に「ツナマヨ」・・・

無難な選択だ。

スタート前に昨日ビーコンプラザでいただいた「バナナ」を補給する予定。
(結果、このバナナ、めっちゃうまかった)

フロントに荷を預け、9時半ころホテルを出る。

やっぱ寒い!

でも、雪はやんでいた。

別府駅から「うみたまご」行きのシャトルバスは家族も一緒に乗れないので、路線バスで「うみたまご」へと向かう。

前夜祭でご一緒した方々はすでに待機場所のバスを確保しているらしい。

そこにオレの居場所も確保してくれてるらしい。

めちゃめちゃ嬉しかった。

路線バスは20分程で「うみたまご」に到着した。

2018別大2018マラソン

今回どうしてもお会いしたい人がいた。

みっつさんだ。

もちろん、お会いしたことはないw

別大直前に腰を痛め、それでもサブ3を目指して走られるという。

スタート前に待機バスの中まで行き、「みっつさん、いらっしゃいますか~」

と声掛けしたが、結局会えずじまいだった。

あやたさん、サトさん、たまさんとは会う事ができ、待機バスへと案内して頂いた。

さあ、少しはアップでもするかと・・・

あやたさんに「アップでも行きますか?」

と聞いたところ

「せーへん、せーへん。体力温存や~」

え~~~! (白目~~~!)

サトさんに「いかがですか?」

「せーへん、せーへん。体力温存や~」
やっぱ 白目~~~!

小心者のオレは、一人でポクポクアップに出かけたのでした・・・




つづく・・・




お願いだから、早くスタートしてくれ~~~!

にわかキビ刈り

年も明けてからだいぶ日が経ちますが時が過ぎるのは速いものです。
帯2本を仕上げて・・・・アップしたっけ?
次回作の色を考えていたら夫君から「製糖工場の操業開始でキビ刈りが旬やけど染めないの?」
お~そうだった!ウージ染めだ!!
という事で 少々体調悪いけど天気のいい日にさっそくキビ刈りをしている近所の畑を探索

fc2blog_20180218183431eba.jpg

み~つけた
やさしそうなお兄さん(石垣島では男性はみんなそう呼びます)にお願いして葉っぱを
刈らせてもらいました。
3回かりましたが、皆さん快諾でした。通常キビの茎の部分を絞って砂糖の原料を取り出します。
葉っぱは畑に取り残されるのでもらえるのです。ありがたいことです。2,3日すると枯れてしまいます。

fc2blog_201802181836433e9.jpg

頂いたはっぱを細かく切って翌日煮出します。

fc2blog_20180218183755402.jpg

ニラみたいですが、イネ科で1L/100gで1時間煮出しを2回行い染めます。

fc2blog_20180218183826271.jpg

若草色に染まりました。

fc2blog_201802182019153c6.jpg

【レポ】 「2018別府大分マラソン」 その2  寒冷地獄

また日が開いてしまった・・・

明日は「京都マラソン」

抽選倍率は4倍以上だったらしい。

我らがレジェンドぱっきーさんも出場する。

ランナーズアップデートで応援しよう。ゼッケン 1066番




◇◆◇◆◇◆◇




とにかく寒い!寒冷地獄だ!




ビーコンプラザで 別大クッキー をゲットし別府に来た目的の3割を達成したオレとみーさんは一旦別府駅前の高級ビジネスホテルに戻る事にした。

シャトルバスで10分もかからない。

ただ、現地に行って気付いた事だがランナーの多くは別府駅周辺より大分駅周辺に宿を取っている。

宿はみーさんに取ってもらったのだが、みーさんの頭の中は。

別大マラソン=温泉=美味い物=別府

という公式が出来上がっていたようだった。

ホテルで一息ついたのち、みーさんと大分駅に向かう。 やっぱり寒い!

JRで3駅先だ。

実際、大分駅周辺のほうが大都会で別府駅は田舎だった(笑)

2018別大マラソン
大分駅
なぜかイルミネーション

2018別大マラソン
大分駅前
どなたの像だったか・・・

来年は大分駅周辺に宿を取ろう(やっぱり行く気ですな?)

motoさんに誘って頂いたLINEグループの前夜祭が大分駅構内のアミュプラザであるのでそちらに向かう。

ここでみーさんとは別行動。

前夜祭に誘ったのだが、超絶人見知りの彼女は血圧が上がるからと遠慮した(笑)

超絶社交的なオレも、リアルな知り合いがmotoさんしかいなかったので少し緊張した。

そしてほとんどの方が サブ3ランナー!

ちょっと場違いな所に来てしまったかなとも思ったが・・・

motoさん、その節はありがとうございました。

サトさん・えむさんお会いする前から気を遣っていただき、ありがとうございました。

2018別大マラソン
とり天定食

時間はあっという間に過ぎ明日のを誓健闘って解散となったが、いろんな人とお話しができて有意義な時間を過ごせた。

久々にアルコールを一滴も飲まなかった。いつぶりだろう・・・(笑)

ほとんどの人が大分駅周辺に宿を取られているとの事、ひとり寂しく別府駅に帰ろうとしたら、やまけんさんが西大分駅まで帰られるというのでご一緒させていただいた。

やまけんさんとは走力も同じくらいという事でだいぶレースに対する緊張も和らいだ。

ホテルに戻って明日のウエアの準備だ。

こんな感じ・・・

2018別大マラソン
実際はこれにネックウォーマーをして、ビニールを被って走りました。


明日はスタートが12:00なので、朝はゆっくりできる・・・

12時過ぎに寝た。



つづく・・・


って、はよスタートせんかい!

【レポ】 「2018別府大分マラソン」その1  遠距離地獄

別大マラソンが終わって早10日、別大風邪の鼻水がようやく治まってきた今日この頃・・・

賞味期限が切れる前に【レポ】を上げなければ・・・

そう、来年のための備忘録として(って、来年も行くつもりですな?)

10日も経つとだんだんと記憶もあいまいになってくるくるからなぁ。

なんせオジーだからな~

そう、そのオジーなんと 今日が55回目の誕生日!

バレンタインデー生まれのバレンタインデー育ち!

今日はたまたまシフトが公休!

今日、頂いたもの・・・!

朝イチでのみーさんからの

「おめでとう!」

お昼にノンノンからの電話で

「おめでとう!」

そして、夜遅く仕事から帰ってきたJBOYから

「おめでとう!」

LINEでアネキから

「おめでとう!」

お袋かガラケーのメールで 

「おめでとう!」



いや~~~ホントにめでたい!

55回も誕生日やってりゃこんなもんか・・・

って、 はないんかい!

チョコ はないんかい!

まあいい、明日会社に行けばオレのデスクの上にどっさりと・・・




注) クリスマスに、みーさんからプレゼントしてもらったガーミン。
   あれが今後10年分のプレゼントだったそうです・・・






◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇





遠距離地獄




石垣島から別府は遠い・・・

台湾に行く方がよっぽど近い。

朝7:00に家を出発。

みーさんも一緒だ。

JBOYが出勤前に空港まで送ってくれた。

みーさんは、別府温泉に入るついでに別大の応援に付いてくるらしい。

8:10始発のANAでフライト。

那覇空港までは約1時間。

那覇空港から福岡空港まで約1時間40分。

ん?大分空港?

石垣→福岡もないし(この時期)、那覇→大分もない。

ましてや、石垣→大分なんてこの世に存在しない。

空路は那覇経由で福岡まで行くしかない。

福岡空港に着いたのが11時半過ぎ・・・

motoさんから「何時頃ビーコンプラザに着きますか?」

とメールが入った。

「3時半から4時くらいになりそうです」と返信。

福岡空港から博多駅まで地下鉄で移動して次はJRだ。

特急ソニック号で別府まで2時間以上かかる。

博多駅で駅弁を買って電車の中でゆっくり食べるつもりだったが、時間がなくて買えず。

しょうがないので、ホームのコンビニで「鶏めし」のおにぎりをゲット。

みーさんとつついた。

車内は空いていた。

2時半頃、別府駅に到着。

寒い!

とにかく寒い!気温は5,6度くらいか?

予約してあった、1泊4000円のビジネスホテルは駅から50mだったが、そこに着くまでの寒い事寒い事!

ホテルにはそれらしい人達が何人もいた。

荷物を解いて、みーさんと受付会場の「ビーコンプラザ」に向かった。

シャトルバスには家族も同乗でき助かった。

3時半過ぎにビーコンプラザ到着。

2018別大マラソン

やっと着いた~~~

motoさんに電話。

「今どこですか?」

「ビーコンプラザから大分駅行きのシャトルバスに乗るとこ」

タイミングわり~オレ・・・

とにかく中へ。

2018別大マラソン

テンション上がってきた~~~

2018別大マラソン

お~ランナーだらけ~~~!(あたりまえ)

そして、事前に情報を入手しておいたコレ!

「あと5個でなくなりますよ~」の声に。

「さ、3個ください!」

2018別大マラソン

会社のお土産をゲット!

これで、別府に来た目的の3割を達成。

この後、参加記念Tシャツ等と共にいただいた500円券で250円の「地獄蒸しプリン」を2個ゲット!

みーさんと食す。(画像なし)

杵つきあんころもちは完売していた・・・(笑)

そして、お上りさんお約束の

2018別大マラソン



つづく・・・